Big book
本/タブロイドサイズ/五点

カメの背中に乗る浦島太郎の有名なお話。ですが、そのカメをはじめ、本の中に存在するものたちがどんなに大きくて、おもしろく、不思議なのか、それを感じることができれば本はもっと楽しくなります。ストーリーに没頭すれば、想像でお話の中に入り込むことはできますが、もっと具体的に、単純に、お話の方から自分の足下や周囲に広がっていくような、そんな本を望んで、この作品をつくりました。「Big book」は、物語の上に立ったり、座ったり、寝転がったりしながら物語のスケールを感じることのできる新しい本です。

藤本 真央
Fujimoto Mao