異物
本・写真/W315×H326mm・B1/紙・インクジェット・アルミ複合板・グロスラミネート/六点

東京はとても忙しい町です。新宿駅を歩く人波の中にいるとき、渋谷の交差点を渡るとき、それを感じます。誰もが何かに焦って、追い立てられるように日々を生きているような、そんな気がします。そして同時に、そこから取り残される自分を感じます。この作品の、東京の風景の中に描かれたもの達は、“異物”です。奇怪な容貌をして、この街に溶け込む事も出来ず、取り残されることに怯えながら、それでもそこに生きる場所を求め、彷徨いながら生きています。そして、それは私自身の姿でもあるのかもしれません。

福井 早八香
Fukui Sayaka