タイプフェイス・本/W854×H854mm 48ページ

海をテーマにした書体「潮(うしお)」と、それを使った本です。書体の形は、潮のうねりや原始的な命から発想しています。言葉が言祝ぎ(ことほぎ)の力を持つとされた時代の言葉に込められた混沌とした力が海の力であると感じ、文章は万葉集から海にまつわる歌を引きました。また、常に変化する海は単方向の構造では表現できないと考え、正方形を折り畳んだ部品を組み、上下左右及び斜めにひらく構造にしました。

坂田 光
Sakata Hikari