てぬぐいシューズ
てぬぐい・小物/十八点

「一枚の布からできる足袋」を制作しました。私達は皆、当たり前のように既製靴を履いて暮らしています。しかし身体の形はそれぞれ異なり、既成の形やサイズだけでは割り切れないように思います。そこで、てぬぐいの「布を自由に切って使う」「個々の中身の形に合わせて包むことができる」特徴を生かし、自分の足の形に合わせて履けるてぬぐいの足袋を制作しました。布と布をきつく結び合わせたり、ゆとりをもたせて包む行為が日本の塩梅の感覚にも繋がるのではないかと感じ、日本の包む文化、そして結びの魅力を表現することを試みました。

大八木 里奈
Ohyagi Rina