タクシー強盗を減少させる為の公共広告
ポスター/B1・B3 他/デジタル出力/十四点

強盗に遭い亡くなった父の死を、自分なりに意味を持たせたいと考え、「いのちはお金に代えることは出来ない」というテーマのもとに制作しました。この作品は、僕にとっての父に対する“ありがとう”の花束で、鎮魂歌のようなものです。誰かに何かを作り伝え続けることが、これからの人生の、父への手向けになると思っています。

荒井 智貴
Arai Tomoki