「小人」が「大人」に読む絵本
絵本/W220×H160mm/アクリル絵具・色鉛筆・画用紙/三点

文字の無い絵本を子供に自由に想像してもらい物語を作って読んでもらうことで、大人が忘れていたことを改めて子供に教わることができる。つまり子供が大人に読み聞かせる本だ。文字を無くす事で自由に想像し解釈することができる。「絵本は子供向けのもの」または「大人が子供に読み聞かせるもの」というイメージを払拭するために、大人も考えさせられるような様々な比喩的な表現で子供向けの絵本とのギャップを作った。そして「子供」が「大人」に読み聞かせることで、絵本が今まで以上に大人と子供とのコミュニケーションツールになる。

芦川 真之
Ashikawa Masayuki