いろは
本/W127×H188mm/紙・デジタル出力/五点

日本語をテーマに本を制作しました。日本語はひらがな、カタカナ、漢字、アルファベットなど、何種類も文字を使いますが、そのような言語は少ないそうです。その日本語を「いろはうた」という手習い歌にして視覚的に表しました。作品名の『いろは』は手習い歌であり、言葉の基本という意味でつけました。この中の一冊「イロハ」漢字“イ”ではイロハの“イ”をにんべんに見立て、それを部首にもつ漢字を表しています。部首を小口に印刷することで横から見てもにんべんをもつ漢字に見えるようになっています。

野内 寛子
Nouchi Hiroko