フォント・くろかみ
ポスター・本/60ページ/九点

寺山修司の著書『さかさま文学史 黒髪篇』の内容をモチーフにした和文書体を制作しました。幾何的な直線と曲線の組合せによるアール・デコスタイルが骨組みの基本になりますが、ハネやハライのエレメントは末端に向かって細く流れる形に、特に曲線の少ない漢字には文字の一部を曲線で繋げるなど、女性的な柔らかさを感じさせる文字になるよう意識しました。また著書から数編の詩を抜粋してイメージイラストを制作し、書体と併せて大好きな大正ロマンの世界観を表現しました。

中村 慧
Nakamura Kei